所得税


ふるさと納税について

投稿日時:2015/08/29 02:36

みなさん、こんにちは。

最近はテレビや雑誌でも紹介されているため、すでにご存じかもしれませんが、本日はふるさと納税についてご紹介したいと思います。


ふるさと納税とは、私たち個人が、自分の住んでいる場所ではない市町村に寄付をすることを意味します。

寄付をする市町村は、自分の生まれ故郷である必要はなく、全国どこでも可能です。

またA市に1万円、B市に2万円など、複数の市町村に、自分で決めた金額を寄付することが可能です。


ふるさと納税を最大のメリットは、寄付をした金額とほぼ同じぐらい税金がやすくなり、寄付をした金額に応じて、寄付をした市町村からお礼の品が送付されることです。

見返りのある寄付になってしまうのですが、寄付をした金額のおおよそ20%~30%の贈答品が送られます。


私は今年初めてふるさと納税を始めたのですが、始める前は、どこに寄付をするのか、どんな贈答品があるのかを自分で調べて、銀行で払い込むのは面倒だと思ってやっていなかったのです。

しかし!

インターネットとはすごいもので、下記のサイトからですと、ほしい品物から寄付先を選び、また寄付金の支払いもクレジットカードでできるので、手軽にふるさと納税をすることができます。

ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス


ちなみに、私の寄付先と贈答品をご紹介いたします。

宮崎県の綾町に1万円を寄付し、おいしい完熟マンゴーを2個いただきました。






山形県の天童市に1万円を寄付し、約4キロのデラウェア(30房分)をいただきました。






山形県の尾花沢市に1万円を寄付し、約12キロのスイカをいただきました。






どこの市町村も税収の確保のため、様々な贈答品を用意して、どれも最高級の品ばかりです。

また寄付金の20%~30%分の贈答品は、おそらく原価相当な感じがしますので、お店でのその商品金額はもっと大きいと思います。

寄付金に上限はないのですが、収入に応じた寄付金の目安の金額を超えると、税金の控除がなくなって、見返りのない本当の寄付になってしまうため、ご注意ください。

また寄付先が5か所までの場合には、確定申告不要なのですが、その申請をすることを忘れないようにご注意ください。

(5か所を超える場合には、必ず確定申告してください)


ふるさと納税の制度を知ってから、私の妻は、「ふるさと納税のために、もっと稼ぎなさい!!」と私の尻をたたくようになりましたとさ。。。


ふるさと納税のためにも、皆様からの顧問契約のご依頼をお待ちしております。

千代田区の税理士 関でした。





Powered by Flips